メインイメージ

管理について

一般社団法人の設立と会員の管理について

2008年に施行された法律により一般社団法人の設立が可能になりました。一般社団法人は株式会社長とは違い非営利の団体が法人格を取得するための手段として一般的と言われています。例えば多数の会員を擁する職能団体などが法人化する場合の選択肢として非常に一般的です。一般社団法人の設立を目指す理由にも様々な種類がありますが、大きな理由の1つとして会員から集めた会費の管理が挙げられます。

一般社団法人の設立などのように法人化をしない場合には、資金を管理するための銀行口座は個人名義のものとなるのが一般的です。そのため代表者名での個人口座での管理を行うことがほとんどであり、代表者の変更の度に書き換え行う必要がありました。また資金の管理上何らかの問題が発生した場合は、個人名義であるがためにすべての責任を代表者個人が負う必要があり、非常にリスクの高い状態でした。

このような状態を改善するために役立ったのが一般社団法人の設立です。法人化することにより個人名義の銀行口座ではなく法人名義の銀行口座を開設することができるようになります。このことにより個人の責任から法人の責任に変えていくことができるため、透明性が高まるとともに対外的な信頼性が高まると言う二重のメリットが存在しています。例えばこのような点が団体を法人化するメリットとして知られています。

特に多数の会員を集めて活動している団体の場合、いつまでも個人の延長線上で活動することには限界があります。個人から法人に切り替えるタイミングはそれぞれですが、最近では法人化を委託することができる専門の業者も増加傾向にあるため、わずかな資金で法人格の取得を検討することができるようになって来ています。

法人化のメリットは資金管理のほかに様々な点での信用の向上が挙げられます。法人化しない場合にはあくまでも個人としての対応となるため、対個人の活動であれば支障を来す事は少ないですが、企業など団体は相手にする場合には必要不可欠な仕組みであると言えるでしょう。いずれにしてもある程度の規模になり大きな活動行う団体となった場合には何らかの形で法人化を目指す必要があるというのが現代社会の仕組みであるといえます。

このような法人化は法人を設立しようとする地域を所轄する法務局に必要書類を揃えて提出し、設立登記をおこなうことが必要になります。このような活動を通し会員に対しても適切な管理を行うことが団体としても有益に機能するということが知られています。

最近の投稿