メインイメージ

必要な基金

一般社団法人を設立するために必要な基金

一般社団法人を設立しようと考えたとき、必要となってくるのは人員、そして基金になってきます。どんなものでもそうですが、必要な資金が集まって、はじめて団体として存在することができるのです。しかし一般社団法人というのは「営利を目的としない活動」となり、基金のために資金提供をしても配当を得られることがなくなります。

それゆえ資金提供をしてもらうためには、しっかりと事情を説明する必要が出てきます。もっとも株式会社と違って、一般社団法人は人が集まれば設立することは容易になってくるので、まず大切なのはメンバーを集めることになります。

では設立するために必要なものはなにかというと、まずは人を集めることになってきて、基金に関しては後回しでも構わないのです。しかしながら一般社団法人に限りませんが、なにかを作り出す、設立するということは活動を続けていくことが前提になっていて、そのために必要となるのが資金なのです。

そしてポイントとしては営利を目的としないのですが、活動によって利益を出すことは許されていて、関係者、スタッフなどに対して給料を支払うことも可能になるのです。このことをしっかりと理解しておかないと、ボランティア活動と一緒になってしまい、活動を持続させることができなくなってしまうのです。

では一般社団法人で利益が出た場合にどうすればいいのか、一般的には翌年度の活動のために繰り越していきます。会社や社員に還元するのではなく、次年度以降にさらに活動を拡げていくというのが基本方針になっていて、その中には従業員の給料を増やすというのも選択肢のひとつになるのです。

一般社団法人というのは普通の会社の設立とは利益において違ってくるので、そこをしっかりと理解した上で行うことが大切になってきます。そして団体の活動を長続きさせるためには利益を出すことも必要となってきて、その部分を失敗してしまうと、どれほど有益な活動であっても停止になってしまうことがあります。

そういったことを避けるために理解が必要となってきて、資金提供をしてもらう場合にはしっかりとそのことを説明して納得してもらうことが大切になってきます。先を見通した展開、活動のイメージが必要となってくるので、株式会社とは違いますが、一般社団法人もまた同じようなものなので、確かなビジョン、計画性を持って設立、活動をしていくことが長く続かせるためには必要となります。

最近の投稿