メインイメージ

格安で引き受け

一般社団法人設立を格安で引き受けるところ

一般社団法人の設立のフォローや代行申請を格安の金額で引き受けるところが存在します。その大半は行政書士ですが、代理申請における注意点もあり、行政書士がしてもいいものかどうか疑問が生じるケースも少なくありません。

たとえば、一般社団法人など法人の登記に関する代理申請については、司法書士が行えるものとされていますが、行政書士が書類を作成したりすることではないため、司法書士に依頼をきちんとしてくれているのかどうかを見極めなければなりません。また、一般社団法人設立がなされた後の税務に関する届出も、税理士が行うべき事柄を行政書士が行っている場合もあるとされる他に、一般社団法人設立後に勤務する、条件を満たす従業員については社会保険や厚生年金に加入しなければなりませんが、それらの手続き代行は社会保険労務士の仕事です。

こうした一般社団法人設立における様々な手続きについて、本来行うべき仕事を専門家の士業に任せているかどうか、格安で引き受けているところについてはよく確認を行わなければなりません。万が一にもその代行申請が後々不許可となった場合などの責任問題になりかねず、本来の資格者が申請を行っているかどうか、見極めが重要です。

場合によっては事務所内に行政書士や社会保険労務士、税理士などが混在する事業所を選んで依頼するなどの対応も大切でしょう。ただ、この場合でも司法書士は別の事務所を構えている場合が多いために、別途依頼を行うなどの工夫が必要です。その分、コストがかさみますが、やむを得ないとして割り切れるかどうかが問われます。

一般社団法人設立に関する諸手続は、格安で引き受けるところは有り難い存在ではあります。しかしながら、その代行申請が行えることが認められる存在かどうかは、しっかりと見極めて対応をすることが求められます。特に一般的な金額よりも格安で引き受けるとされる場合は、代理人として認められる正式な資格を有する人が関わるのかどうか、見極めなければなりません。

依頼時にあるいは契約の説明時になどに最低限確認を行うのはもちろんのこと、それ以外でも事前に依頼をしても大丈夫かどうか、しっかりと有資格者かどうかなどの確認を行う必要が生じます。代理人たる資格がない人が申請を行ってしまって、後々申請それ自体が取り消しにされる危険性にも十分考慮の上で、依頼をするなどの対応が必要となっています。依頼をする前に確認が大切であるということです。

最近の投稿